斑尾トレイルランニングレース2012(前日)

この週末、長野県まで行って斑尾高原トレイルランニングレース2012(50キロ)に出場してきました。


トレイルランニングレースは、9月に初めて京都の大江山登山マラソンに出場しましたが、そのときは約23キロ。


今回エントリーしていたのは、50キロのレース。


フルマラソンより長い距離で、しかもトレイルです。


越えなきゃいけない山が3つ。


初心者の私は、もちろん完走が目標です。


気力は持つ自信はありましたが(実際は何度か折れかけた)、不安は膝痛になることと、ふくらはぎの攣りでした。


今回の大会は、受付開始後、数分で締切となるほどの有名かつ人気レース。


エントリーできて、本当にラッキーでした。






今回は初出場で、しかも有名なトレイルランナーを1回も見たことがない、ということもあって、ミーハーな私は大会プロデューサーの石川弘樹さんのクリニックとコースガイダンスを是非受けたいと思い、12時長野駅発のシャトルバスに乗るべく、早朝に自宅を出発。


7時新大阪発の新幹線に無事乗れました。既に目的地が同じと思われる方もちらほら。

c0337813_23131626.jpg



途中、電車が遅れたりもしましたが、大体11時過ぎに着きました。


蕎麦が得意でない私も、せっかくだからと駅前のそば屋さんへ。


c0337813_23131744.jpg



無事シャトルバスに乗ることができ、1時間ほどかけて選手受付場所のレストランハイジへ直行。


c0337813_23131730.jpg




受付で、ゼッケンや参加賞のTシャツを頂きました。


Tシャツはデザインのセンスが良い上に、コットンなので普段にも着られます。


今まで貰った参加賞の中で一番うれしいかも。


c0337813_23131840.jpg



ハイジ前には、既にスタート&ゴールゲートが設置されており、ワクワク。


c0337813_23131895.jpg



各社のブースも出ており、ジェルなどの消耗品のほか、グッズも調達できます。


c0337813_23131843.jpg



勝手がわからず、ウロウロしていると、いよいよ石川弘樹さんのクリニック開始。


装備品の気を付けるポイント、トレイルランニングの注意点について、1時間みっちりアドバイスを受けます。


恰好いいですね。話もうまいし、男の私でもほれぼれしました。


c0337813_2313189.jpg


c0337813_23131991.jpg


クリニックを終えると、1時間ほどあきますので、巡回バスで今回の私の宿泊場所である斑尾高原ホテルへ。


ツインのシングルユースでした。


広くて、清潔で、申し分のないホテルでした。


チェックインの際に、どこかでクレジットカードを紛失していたことが分かるというハプニングもあり、バタバタしたりもしましたが、、(一時的に自分の中でレース参加どころではない騒ぎになった)、いい人が届けてくれており、、、(トレイルランナーに悪い人はいない)

c0337813_23131931.jpg



再度巡回バスでレストランハイジに戻り、石川さんのコースガイダンスを受けます(レストランハイジと高原ホテルはバスで5分くらい。案内書には歩けると書いてありましたが、歩くのは結構時間がかかります)。


各エイドで準備されている補給物、コースの注意箇所などの説明がありました。


初めて出る方には非常に有用だと思いました(自分は本番に生かすことがあまりできませんでしたが。。)


c0337813_23132040.jpg


c0337813_23132012.jpg



コースガイダンスが終わると、ウェルカムパーティが始まります。


ここで、今回の大会に誘ってくれたSさんとその友人のHさん、Tさんらと合流。


宿では基本的に食事ができませんので、パーティでカーボローディングしなければなりません。


食事は最初は取り合いの状況で、何重にも人が取り囲むので、食べ物に接近するのに苦労しましたが、まぁ、何とか確保できます。何回も追加されますし。。


アルコールもビール、ワインが飲み放題です(翌日レースですので、私もさすがにビール2本とワイン2杯にとどめました)。

c0337813_23132069.jpg


石川さんとのじゃんけん大会などもあって、いい雰囲気。

c0337813_23132019.jpg



50キロの部は朝6時半スタートですので、パーティは6時に始まり、7時半頃にはお開き。


c0337813_23132153.jpg



宿に帰ってシャツにゼッケンを取り付けたり、携行物を確認するなど、翌日の準備をし、9時半には寝ました。


さて、翌日のレースはどうなることやら。。
by suyama4168 | 2012-10-16 23:46 | トレイルランニングレース | Comments(0)