モントレイル 戸隠マウンテントレイル 2013

先週の土日は、友人Tくんと、長野県の戸隠で開催された「モントレイル戸隠マウンテントレイル2013」に行ってきました。


この大会は、前泊せずに土曜朝に移動してレースに出られるよう午後からレーススタートという珍しい大会。


そして、関門を設けず、最後のランナーまで計測するという、初心者にやさしい大会です。





とはいえ、関西圏から長野県は、やはり遠い。。


朝4時台に家を出て、新大阪6時発ののぞみに乗り、なんとか間に合いました。


所要5~6時間くらいかな。



今回は長野駅でレンタカーを借り、戸隠まで小一時間のドライブ。


戸隠に入ってからは、観光案内所に寄り、勧められたお店で蕎麦を食べ、会場へ。




丁度シャトルバスが到着した直後だったため、受付は長蛇の列。。


受付を済ませてから一旦宿に入り、荷物を預けて着替えてこようと思っていましたが、それをやっていると時間がなくなりそうで、車で着替えることに。。


トレランはいろいろと装備がありますので、できれば室内で着替えたいものです。



受付ですが、女性は1列、男性はたった2列で、列を1~250と250~に分けただけです。。



そりゃ列は長くなりますわ。。。


せめて1~100、101~200と100人単位にするか、可能であれば1~50、51~100と50人単位くらいに割り振ったら良かったような。。


しかも、パーティに出る人は、改めて別の列に並び直さないといけないという。。。


c0337813_13500258.jpg


c0337813_13500356.jpg



レースプロデューサーは山田琢也さん。


スラリとしてカッコいい!


コースガイダンスを最前列で聴きましたが、想像力の無い私は全然イメージ湧かず。。


瑪瑙山の上りがつらいということと、最初無理して飛ばさない、ということだけインプット。


今回のレース距離は、20キロと短め。


20キロを「短め」、という自分を1、2年前は想像も出来なかった。。。


c0337813_13500360.jpg



スタート前、なんかバタバタしてましたが、とにかくスタートラインへ。


ガチで入賞狙いの方は前に、そこそこの方は真ん中に、ゆっくりの方は後ろの方へ並んで下さ~いと言われ、「そこそこ」の私は、真ん中付近に。


c0337813_13500467.jpg



最初は渋滞気味でしたが、真ん中付近スタートでも立ち止まることはほとんどなく、まぁストレスなく走れました。


瑪瑙山の上りはさすがにきつかった。



振り返っても、ガスで何も見えず。。

c0337813_13500573.jpg


c0337813_13500515.jpg



苦手なゲレンデ激下り。


右ひざ違和感アリでしたので、まっすぐ下りることはせず、膝をいたわりながらジグザグ下り。


スピード遅すぎて自己嫌悪。。


中盤から両ふくらはぎが攣り、だましだましレースに。


c0337813_13500641.jpg



コースは全体的に走りやすく気持ちが良いトレイルが続きました。


c0337813_13500796.jpg



川を渡ったりも。。

c0337813_13500797.jpg



この辺は気力です。


歩き5、走り5くらい?

c0337813_13500890.jpg



結果は。。?


自分としては、体調的にもこれで満足。


c0337813_13500962.jpg



ゴール後は、他のランナーを応援しながら友人、知人を待ってました。


ゴール後の「俺はやりとげた!」感と、何とも言えない倦怠感の入り混じった感覚は、一度体験するとやみつきになりますね。


c0337813_13500975.jpg


c0337813_13501016.jpg



知り合いが全員ゴールしたので、いったん宿に帰ってお風呂。


夜はBBQがありますので、会場に戻り、表彰式も最前列で参加しました。


c0337813_13501054.jpg



生の相馬さんが見れた!


c0337813_13501100.jpg



お待ちかねのBBQ。


食べ放題、飲み放題です。


トレイルレースで飲み放題!?スバラシイ!


BBQの写真を撮り損ねてました。。


何しろ、外、寒いんです。


ダウンを着ている人もいました。


次回参加する方は、必ず防寒着を持参しましょう。


薄着だった我々は、外に肉やら天ぷらやらを取りに行き、もっぱら室内で楽しんでいました。


c0337813_13501142.jpg



キャンプファイヤーでは、知らない人同士が手を握って円になり、、


かなり出来上がっている人も多くて楽しかったです。


私も一応参加~




帰りは漆黒の闇の中、懐中電灯で帰ったのですが、夕方から雲が無くなった空は満天の星!!


レースもアフターもとても楽しい大会でした。


また出させて頂きたいです。


このレースもクリック合戦の大会になっていくんでしょうかねぇ。。


c0337813_13501268.jpg



大会から指定されたペンションはここ。


最初は、ちょっとぎょっとしましたが(いろんな意味で)、オーナーさんは気さくでいい人でした。


c0337813_13501254.jpg



翌朝は朝6時に起きて、戸隠めぐり。


澄んだ空気と小鳥のさえずり、木々の隙間からこぼれるキラキラした光。。


c0337813_13501380.jpg



戸隠神社中社。


c0337813_13501457.jpg


c0337813_13501463.jpg


c0337813_13501595.jpg



鏡池。



写真ではその美しさを捕捉、再現できてません。



戸隠連山の横の拡がりとそれを映し出す湖面のミラー感は、その場で実際に見ないと!



早朝で周囲に観光客もほとんどいない中、我々で絶景を独占していたのですが、ほ~!っとため息しか出ませんでした。


ずっとそこに佇んでいたいと思いました。

c0337813_13501540.jpg


c0337813_13501655.jpg


c0337813_13501720.jpg



奥社へ。


まさにパワースポット。


早朝の杉並木からは、本当に神霊的なものを感じましたよ。

c0337813_13501861.jpg


c0337813_13501889.jpg


c0337813_13501984.jpg


c0337813_13502022.jpg


c0337813_13502136.jpg


c0337813_13502252.jpg


c0337813_13502365.jpg



北アルプス?はまだ雪が残っていました。


c0337813_13502332.jpg



宝光社にも立ち寄り。


レースで筋肉痛の我々には階段がつらかった。。


c0337813_13502447.jpg



ミーハーな私は有名人気店と聞けば行きたくなる。


うずら家さんで天ざるを頼んで、今回の旅は終了。


c0337813_13502496.jpg


c0337813_13502552.jpg



仕事が激務続きで、なかなか練習もできておらず、正直、行くまではしんどかったですが、行ってからいつも思うのは、こういうのは積極的に参加した方がよいということ。


とりあえず興味があるなら、やってみる。行ってみる。


じっとしていても何も始まらないし、拡がらないんです。


by suyama4168 | 2013-06-13 19:55 | トレラン大会 | Comments(0)