不貞(不倫)の相手方の携帯電話番号、メールは掴んだが住所氏名がわからない場合

c0337813_20053941.jpg


不貞の事実の多くは、配偶者の携帯電話やスマホから発覚します。


ですから、不貞の相手方の携帯番号、メールアドレスは、容易に把握できる場合が多いのが実情です。


しかし、番号やアドレスが分かっても、相手方の氏名、住所がわからず、対応に苦慮している方が多いようです。


また、配偶者自身も、出会い系サイトなどで知り合ったにすぎず、不貞相手の情報を本当に知らないということもあります。


そのような場合、調査会社に依頼する方法もありますが、多額の費用がかかりますし、運の問題もありますので相手の情報を突き止められるかはわかりません。


一方、相手の情報が分かった場合に慰謝料請求をするつもりなら、弁護士に依頼すれば、相手の住所氏名を調査できる場合があります。


弁護士は、弁護士法23条照会という特別な方法により、携帯電話番号や携帯メールアドレスから、住所氏名等の契約者情報を掴むことが出来る場合があるのです。


まず、携帯電話の番号がわかれば、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクのうち、どの会社との契約かがわかります。


このうち、もし、相手の契約している会社がNTTドコモ又はauであることがわかれば、弁護士法23条照会により、契約者情報の回答が得られますので、契約者・使用者の住所・氏名を掴むことができるのです。


私も数多くこの方法により、相手の情報を掴み、内容証明郵便を送付してきたものです。


ちなみに、ソフトバンクは、回答拒否され、調査できないのが現状です。


なお、メールアドレスがわかれば、@マークの後の表示でどこの会社かはすぐにわかりますよね。


携帯会社は、契約時に、運転免許証などにより本人確認をしていますから、契約時の住所はまず間違いなく本当の住所です。


契約時の住所さえわかれば、契約後、住民票を移転していても、弁護士は、住民票を取得して住所を追いかけることが出来ますので、簡単に現住所を見つけられます。


また、戸籍事項証明書(戸籍謄本)も取得することが出来ますので、相手の既婚未婚、離婚歴、子どもの有無まで調べることが出来ます。


但し、弁護士は、受任事件に関してのみ弁護士法照会を使うことができます。


相手の情報を取ることだけを目的には弁護士法照会をすることはできません。


ですから、不貞行為に基づく慰謝料請求を依頼していることが前提となります。


また、弁護士法照会により得られた情報を全て依頼者に報告するとは限りません。


私も得られた情報は慎重に取り扱うようにしています。


その辺のことは、依頼前に法律相談の段階で弁護士から説明を受けられるはずですが、弁護士法照会の方法も弁護士によって上手下手があるようですので、なるべく慣れた弁護士に依頼したいところです。

by suyama4168 | 2015-03-04 00:06 | 配偶者の浮気の相談 | Comments(0)