NEW POST

車山・霧ヶ峰高原トレラン

2016GWの序盤は、車山・霧ヶ峰高原をトレランしてきました。


霧ヶ峰は百名山の一つ。


最高点の車山(1925m)を中心に、標高1500m~1900mの高原です。


車山に上るだけなら、リフトを使えば簡単ですし(徒歩5分)、車山肩から歩いても40分程度で登れます。


私は美ヶ原高原が好きなのですが、この霧ヶ峰高原も美ヶ原に負けず劣らず、素晴らしかった。


トレランをしているなら、一度は走りに行かれることをお勧めします。


こんな贅沢なトレランはなかなか無い。




↓ ビーナスラインを上がっていき、スタートは車山肩の駐車場か、八島湿原近く八島山荘の横の駐車場に車を駐めることになります。


私は車山肩の駐車場に駐めました。駐車場はそこそこ規模が大きく、GWでも余裕がありました。



c0337813_17375932.jpg



霧ヶ峰高原はループコースが取れます。


車を駐めてから、トレイルに入るまで30秒!


高度は車で既に稼いでおり、最初に我慢しなければならない急坂はほとんど無し!!


基本的にフラットで、上りも走れる傾斜!!!


c0337813_17375600.jpg




c0337813_17375297.jpg


いよいよトレラン開始。


c0337813_17374901.jpg


車山まではガレ場が続きます。


c0337813_17374411.jpg



前後に誰も人がいない。


この幸福感、ハンパ無し。



c0337813_17374190.jpg



↓ あっという間に車山頂上へ。


c0337813_13120765.jpg







c0337813_17373870.jpg



↓ シンボルの気象庁のレーダードーム。


このドーム、とても目立ちます。


天気が良かったので、車中、かなり遠くからでも視認できました。



c0337813_17373413.jpg




c0337813_17372284.jpg



↓ 車山からの絶景。


富士山、八ヶ岳、日本アルプスなど、360度の展望が広がっています。



c0337813_17373143.jpg



c0337813_17371494.jpg



↓ 三角点。



c0337813_17372867.jpg



↓ 山頂には、車山神社の鳥居があります。


c0337813_17371179.jpg



c0337813_17370846.jpg



↓ 山頂を後にすると、階段状の急坂を下りて行きます。


下に見えているのが白樺湖。




c0337813_17370419.jpg



↓ 下りきったら、いよいよ本格的にトレラン開始。


さっきのレーダードームが遠くに見えています。



c0337813_17370138.jpg




↓ 霧ヶ峰トレランは、ループの輪が小さい蝶々深山、物見石経由ルートと、ループの輪が大きい山彦谷南の耳、北の耳、ゼブラ山を通るルートがあります。


せっかくなので、距離の長い後者のルートを選びました。




c0337813_17365878.jpg




GW序盤は雪が溶けたばかり?で、緑の絨毯は楽しめませんでしたが、木が無いので、360度の大展望!!


写真で切り取ると、現場の広大さが伝わらないのが残念~。




c0337813_17365551.jpg



c0337813_17365151.jpg



c0337813_17364830.jpg



c0337813_17364468.jpg



長い方のループをいくハイカーはほとんどいないので、こちらの方がトレイルランナーにはお勧め。


こんな景色の中走れたら最高でしょう。


c0337813_17364041.jpg



c0337813_17363769.jpg



c0337813_17363324.jpg



c0337813_17363060.jpg



c0337813_17362633.jpg



c0337813_17362357.jpg



c0337813_17361946.jpg


↓ シカの防護柵の扉を抜け、八島湿原に入っていきます。


c0337813_17361533.jpg


八島湿原は、天然記念物に指定されている霧ヶ峰湿原植物群落の一つだそうです。


c0337813_17361063.jpg


湿原は、木道が整備されており、ぐるっと散策できるようになっています。


c0337813_17360748.jpg



c0337813_17360366.jpg




木道は走らないのがマナーだと思います。


トレイルランナーも、ここは歩きましょう。




c0337813_17355973.jpg


↓ 八島湿原最大の池塘、八島ヶ池。浮島があり、七島八島の池とも呼ばれているそうです。


c0337813_17354476.jpg



c0337813_17353960.jpg





途中で携帯電話を落として紛失するというアクシデントがあり、来た道を戻ったり右往左往したこともあり、アクシデントなくぐるっと回るのにどのくらいの時間がかかるのか計測できていないのですが、おそらく12km程度で、ゆっくり走って1時間半~2時間程度ではないでしょうか。



ですから、がっつりトレランというより、お楽しみ系トレランという感じでしょうかね。



時間があれば、八島湿原から鷲ヶ峰を経て和田峠まで行き、戻ってくると、更に歯ごたえのあるトレランが楽しめるのかもしれません。





c0337813_17353659.jpg



c0337813_17352263.jpg



ちなみに、携帯電話は、トレッキングの方が拾ってくれており、約5時間後、その方に出会うことができました。


by suyama4168 | 2016-05-10 13:21 | トレラン(旅) | Comments(0)

神戸・三宮の旧居留地で弁護士事務所(かがやき法律事務所)を経営。誰でも気軽に相談できる町の法律相談所を目指している。離婚問題、相続・遺産分割問題、借金問題が特に得意。趣味はゆっくり走ること。ウルトラマラソン100km完走、トレイルランニングUTMB、UTMF完走。


by suyama4168