2016 第12回宝塚ハーフマラソン走ってきました

色々なことに挑戦した思い出深い2016年も、もうすぐ終わり。

先週末は、今年のレース納めとして、昨年、一昨年に引き続き、宝塚ハーフマラソンに出場してきました。

比較的近所で行われるこの大会は私にとって貴重。

また、毎年同じ大会に出ることによって、自分がどれだけ成長(後退)したのかが分かりますので、そういった意味でも出る意味があります。

ハーフの部は、受付が9時、スタートが10時15分で選手にやさしい。

↓ ゲストに間寛平さんが来られていました。

c0337813_11114236.jpg

この大会は、整列前に、集合場所で選手全員で体操するのが特徴。

例年、とてもハイテンションな女性インストラクターの方が、エアロビのような掛け声でダイナミックに煽動してくれるのですが、今年はおとなしい男性インストラクター。。

騒々しさが例年の10分の1でしたかね。。

(私は体操しない主義なので、荷物預けなどしておりましたが)

c0337813_11113873.jpg

「宝塚ハーフマラソン」というと、何となくハイソなイメージですが、実は、宝塚の中心地を走るのは一瞬(というか整列場所)で、市街地を1kmちょっと走ると、あとはひたすら武庫川河川敷です。西宮を含む??

河川敷コースに付きものなのが風。

例年、北風が吹きますので、南へ下った後、阪神武庫川駅手前の折り返しからが地獄になるのですが、今年は比較的ましだったような。

前日雨が降ったせいで、ところどころぬかるみもあり、水たまりをよけながらのラン。

今年は一部コース変更もありました。

自分にとっての限界のスピードに挑戦しますので、心拍がきついですし、足も止まります。

スタート前にトイレを我慢したことで、かなり体力を消耗。(ものすごく消耗しますよね。。)

また、走り出してすぐに息が切れ、足は回転せず、日ごろの不節制を呪いました。

3km付近で、すでに早くゴールして楽になりたい、と残りをカウントダウンし始めました。。

例年、必ず走った後はスピード練習をしなければと思うのですが、ビールを飲むころには忘れているという。。



↓ 表彰式


c0337813_11112929.jpg


c0337813_11113389.jpg

見事なネガティプラップ。例年の繰り返し。

c0337813_11112264.jpg

今年は、1時間39分51秒。例年思うのは、64歳以下と65歳以上の区切り、なぜここで線を引くのか。

c0337813_11112655.jpg

今年は、走りながら、昨年より5分は遅いなと思いながら、怖くて時計を見れずに走っていたのですが、蓋を開けてみたら昨年の記録と大差なかった。今年は変わり映えの無い1年だったということが分かりました。

(昨年の完走証)
c0337813_15033994.jpg
さて、来年はどんな年になるのでしょうか。

今年は何といってもUTMBに出られたことが一番の思い出でしたが、また何か新しいことにチャレンジしてみるつもりです。


(追伸)

気になって一昨年のを見てみたら、59歳以下と60歳以上で区切られてました。

c0337813_16113633.jpg




by suyama4168 | 2016-12-26 13:18 | マラソン大会 | Comments(0)