専門家としての矜持とは

c0337813_13421191.jpg


最上級のお言葉を頂き、心が震えました。

図らずも長いお付き合いとなりましたが、無事に結果が得られて何よりでした。


・・・・・

依頼者の立場となってみて、出来る限りお気持ちを想像すること。これが全てに通じると思います。

想像する努力を怠らなければ、あるいは努力しなくとも想像することが当たり前になれば、それを踏まえた言葉遣いと応対をすることが出来、費用面を含めて考えつく限りの方策を検討し、出来るだけ早期に、自身の力を出し惜しみすることなく発揮することに繋がります。

そして、その「自身の力」は日々の研鑽により、少しずつでも拡げて準備しておくこと。

医師、建築士、その他専門家と呼ばれ、依頼者が頼るしかない職種には、通じるところがあると思います。

青臭いと言われるかもしれませんが、私はこういった考えで仕事をしています。

・・・・・

by suyama4168 | 2017-01-16 13:58 | お客様の声・頂き物 | Comments(0)