恵那山トレラン

2017.7.21(金)

中央アルプスの最南端の恵那山にトレランに行ってきました。

自宅から300km弱。

朝の諸々の仕事を終えてから出発すると、登山口をスタート出来たのは、午後1時30分でした。

コースタイムが約8時間ということもあり、ライトも念のため2セット準備。

恵那山は眺望がなく、地味だと聞いてはいましたが、すぐ近くのヘブンス園原によくスキー・スノーシューに行っていたので、1回登っておきたいなと。


c0337813_11301398.jpg

登山道は、主に広河原ルートと神坂峠ルートがありますが、色々調べているうちに、尾根を回り込んで行く神坂峠ルートの方が長くて走れそうで面白そうだと思い、こちらに。

登山口へは、中津川ICで下りて、国道、県道、林道を経由して行きます。

最後の林道大谷霧ヶ原線は、狭いうえ、陥没もあり、なかなかハードでした。対向車が来た際にはすれ違うのに難儀しました。

c0337813_11300194.jpg

林道途中にあった水場。

c0337813_11295596.jpg

クネクネ登っていき、ICを下りてから1時間程度で神坂峠到着。

まずはバッジを売っている萬岳荘に行き、管理人さんに挨拶。

聞くと、ナビでは、園原ICから来られることになっているが、今は道が通行止めになっており、ここへ来るには必ず中津川ICから林道を上がってこなければならないとのこと。

私の車のナビも園原ICで下りるように誘導し、明らかに園原から行く方が道が行きやすそうでしたが、中津川で強引に下りて行って正解でした。

恵那山登ってきたの?と聞かれ、これからですというと、少しびっくりされました。

でも何かあったときに(無いことが前提ですが)、挨拶しておくと、後々救助の助けになったりします。

登山届のボックスもここにあります。

c0337813_11294930.jpg

平日ということもあり、登山口から歩いて30秒の一番近い駐車場に停められました。

準備をして入山。

c0337813_11294346.jpg

中津川方面を望む。

あ~~雲が出てきた。


c0337813_11293773.jpg

基本1本道なので、道迷いはありません。

明るい笹道を進みます。

c0337813_11293210.jpg

少し行くと、富士見台とヘブンスそのはらを結ぶ富士見台パノラマコースの山頂に出ます。

ここからの恵那山が最高だということで、楽しみにしていましたが、よこから雲が出てきて、全容が見えず残念。

神坂峠ルートは右側の尾根から回り込んで行きます。

結構遠く見えますね。

ここに大学生の4人パーティがいて挨拶しましたが、結局道中で出会ったのは、この1組のみでした。

c0337813_11292289.jpg

暗い雲が残念。

南アルプスのパノラマがキレイに見えたはず。

c0337813_11292797.jpg

アップダウンを繰り返しながら進んでいくと、鳥越峠。

さっきの林道の水場に登山道がつながっているようです。

c0337813_11291768.jpg

多少のアップダウンはあるものの、序盤は、登山とは思えないほどの平坦な道を走ります。

まさに走れるトレイル。

c0337813_11291069.jpg

あっという間に大判山山頂。

小さな広場になってます。

c0337813_11290587.jpg

ガスが流れていて、雲に出たり入ったり。

笹道をジョグ。

c0337813_11290027.jpg

原生林は、六甲とはまた違った山の香りがしました。

山によって、感じる香りは違うものですよね。

c0337813_11285554.jpg

ガスが流れていくと、眺望も多少。。


c0337813_11284741.jpg

スタートが午後1時半で、コースタイムが8時間ということもあって、最初は気が急いてましたが(出来れば明るいうちに戻りたい)、コースタイムが長すぎることに気づき、途中からは精神的な余裕も出てきました。

天狗ナギという崖のすぐ横を過ぎると、やっと急登が始まります。

c0337813_15464477.jpg


c0337813_15461443.jpg

地図を見る限り、ここを登り切れば、あとはほぼ平坦な尾根を進むだけのようでしたので、とにかく1歩ずつ高度を上げていきました。

c0337813_11284143.jpg

結構キツかったですが、覚悟していたほど長くなく(コースタイムは1時間半でしたので、1時間は急登を登り続ける覚悟)、意外とすぐに前宮コースとの分岐へ到着。

c0337813_11283368.jpg

あとは10分~15分ほど、走って平行移動すれば恵那山山頂。

c0337813_11282493.jpg

恵那山山頂避難小屋。

ジャケットが干してありますので、誰か中に人がいたようですね。

c0337813_11280118.jpg

恵那山山頂の看板と櫓を求めて更に進んでいくと、ようやく見つけました!

しかし、平日で、しかもこの時間、誰もいない。

いるのは蚊の大群。

眺望も無いと分かっていたので、滞在時間2分。

c0337813_11263662.jpg



c0337813_11301398.jpg



c0337813_11332894.jpg



c0337813_11103551.jpg

雨が降ってきて、「予報晴れ、登山指数Aだったのに」と残念に思いながら、帰路を走り下りていきました。

途中、晴れ間もあって、夕日に照らされた景色は美しかったです。


c0337813_11261162.jpg



c0337813_11102336.jpg



c0337813_11101858.jpg

何という花か分かりませんが、撮ってみました。

c0337813_11100611.jpg

また一つ、百名山をクリア。バッジが増えました(萬岳荘で購入)。

c0337813_11100231.jpg

距離は14.3km。

走れる箇所はジョグ、急登は歩き、下りはケガしないようにゆっくり慎重に、を基本にしていましたが、明るいうちには帰ってこれて良かったです。

途中、雨に濡れないよう、携帯をザックに入れたり、パンを食べたり、小休憩をしてますので、4時間ちょっとというところですかね。

写真を撮るためにウロウロしたりもしたので、速い人だと3時間程度で行けるのではないでしょうか。

登山道は、東六甲縦走路のような感じで、走れる箇所あり、アップダウンあり、テクニカルな箇所あり、といった内容でした。


c0337813_11094607.png

恵那山は、噂どおり地味でした。

季節を変えて(秋など)、天気の良い日にハイキングがてら行くのが良いと思います。

結構疲れました。

日帰りの山行でしたが、行って良かったです。


by suyama4168 | 2017-07-22 15:47 | トレラン | Comments(0)