2018 サロマ湖100kmウルトラマラソン

今年もサロマ湖100kmウルトラマラソン(2018)を走ってきました。

c0337813_17020109.jpg


今年で、4年連続4回目の出場。

(→ 2015年 サロマ湖ウルトラマラソン

(→ 2016年 サロマ湖ウルトラマラソン

(→ 2017年 サロマ湖ウルトラマラソン


・・・・・・・・・・・・

いつものように、女満別空港ではタペストリーがお出迎え。



c0337813_17032032.jpg


レンタカーを借り、いつものようにメルヘンの丘で写真を撮る。


c0337813_17031713.jpg


そして、昨年と同じ1泊5000円のホテルにチェックインし、

同じように網走駅界隈を散策。


c0337813_17031583.jpg


シャトルバスが午前3時出発のため、午前1時起き、午前2時ホテル出発も例年通り。

Tシャツにゼッケンを付けて、午後8時に就寝。

ルーティーン。



c0337813_17031306.jpg


すぐに寝つけるはずもなく、うとうとしていると午前1時の目覚ましが鳴るというのも例年通り。

今年の天気は、午前暑く、午後から急激に風が吹き、寒くなるとの予報。

後半の防寒対策が大事だと考えていました。

昨年は大雨で駐車場入りに難儀したこともあり、昨年より15分ほど早く着くように行ったら、スムーズに駐車出来、自分の段取りの良さに感激。

午前3時前にはスタート地点行きシャトルバス乗り場に到着することが出来ました(車はゴール地点に置いておく)。


c0337813_17031196.jpg


1時間バスに揺られて、スタート会場入り。

スペシャルドリンクを預け(陸連登録者のみ)、


c0337813_17030885.jpg

早めにトイレに並び、

c0337813_17030509.jpg


着替え会場で、最終の着替え。

最近、レースでは胃が悪くなって戻してしまうことが多い私。

今回は、普段のようにスタート前に食べられるだけ食べてエネルギー充填するのをやめ、食べ物は最小限に抑えてみることにしました。



c0337813_17030374.jpg


着替え終わって外に出ると、このような状況となります。


スタート地点がすぐ横なので、ギリギリにトイレに行きたい気持ちになるのが人情ですが、早め早めの行動が大事。


c0337813_17030174.jpg


例年は防水カメラを持って走るのですが、今回は、iPhoneを持って走りました。


c0337813_17025894.jpg




スタート12分前。

特に前の方のスタート位置から出る希望も無い私はのんびりしたものです。

丁度、ゲートの横で、(ネット上の)知り合いと出会い、初めましてとご挨拶。

昨年も道中でお会いしていたのですが、きちんと言葉を交わすのは初めてでした。

こういうのは嬉しいものですね。


c0337813_17025324.jpg


陸連登録者は、一般選手よりは前でスタート出来ます。

陸連登録者の後ろの方で待機していました。


c0337813_17025100.jpg


もう4回目ですし、100kmといってもUTMFと比べれば短いし、良かれ悪しかれ当日には結果が出ている訳ですので、ドキドキすることもなく、淡々。

だめですね。

マンネリ化してる。


c0337813_17044290.jpg

過去3回は、フルマラソンの距離までをサブ4で行っていました。

今回は、UTMFの疲労が完全には取れていないうえ、胃の調子を確認したいということもあり、ゆっくり11時間を目標に(いつもは10時間)スタートしていきました。

c0337813_17024843.jpg

ゆっくり走っているだけあって、最初はのんびり。

調子いいかもとか思いながら走っていました。

c0337813_17024611.jpg

しかし、太陽が上がってくると、暑い!

昨晩は雨が降っていたためか、湿度も高い!

調子がいいと思ったのも束の間、20キロくらいから、もうしんどくなってきました。

c0337813_17024301.jpg

ウルトラマラソンって、残り30kmくらいになってくると、ある程度気力で行けます。

実は苦しいのは、まだ残り60kmとか、70kmとか、先を考えると気が重くなる序盤なのです。

もう無理~とか思いながら(笑)走っていました。

とにかく暑い!

周囲の選手も皆暑そうで、かぶり水には人だかり。

今年は氷まで用意されているほどでした。

私も氷を首に当てたり、シャツの中に放り込んだりして、とにかく体温を下げようと苦心していました。


c0337813_17024156.jpg

預け荷物のある54.5km到着。

昨年はここの少し手前で嘔吐感が出始めましたが、今年は昨年ほど酷くはない嘔吐感(嘔吐感自体はいつもどおりある)。

預け荷物に入れていたエネルギー系は、やっぱり受け付けず、トイレに行って戻し、楽になってから麦茶を飲んでスタート。

たまにはエネルギーを入れて走ってみたい!

今回は嘔吐に下痢という最悪の体調となりました。

午後から寒くなるはずなのに、ここの時点では、一向に気温が下がってきません。

ジャケットを置いていこうかと思ったくらいですが、念のためやはり持って出ました。

c0337813_17023924.jpg


昨年は、真剣にリタイアを考えたものですが、今年はあのUTMFを乗り越えたからか、体調悪くても、だましだまし最後まで行ってやろうと思っており(完全に完走狙い)、となると、出来るだけエイドにいる時間を短くすることが重要。

歩きながらでもとにかく止まらず、先に進むことに注力しました。



c0337813_17023681.jpg


50km~60kmは結構な勾配の坂も多く、キツイところなのですが、ゆっくりながらもほとんど歩かずに進んでいくことができました。

魔女の森に入ると、これを抜ければ、少し頑張れば50kmの部と合流だという気持ちになり、若干気持ちが楽になります。


c0337813_17023428.jpg

↓ 有名な私設エイド。

今年もお世話になりました。



c0337813_17023101.jpg

↓ 昨年は大雨で見られなかった、屋上応援も今年は見ることが出来ました。

いつもありがとうございます。


c0337813_17022876.jpg

70kmを過ぎ、道路横の歩道を走っていると、急激に冷えてきました。

ここまで変わるか!?というくらいの気温と風の変化です。

北西の風が吹き荒れ、大雨が降り始め、みるみる体温が奪われていきます。

湖上には、煙のようなものが上がり、急激に流れています。

とにかく寒い。

c0337813_17022670.jpg


この寒さ・風雨で、吹きっさらしのワッカ20kmを耐えられるのか!?

非常に不安。

ワッカに入る手前の80kmのエイドで、最後のスペシャルに用意していたコーヒー牛乳を一気飲みし、周囲の選手と健闘を誓いあい、相当な決意をもってワッカに突入。


c0337813_17022325.jpg

ワッカでは、体温を奪われ、低体温症気味?となった選手が沢山。

凍えて救護を待っていました。

北西の風でしたので、往路向かい風、復路追い風。

とにかく10km行けば、帰りは楽になる(と思う)。

c0337813_17022145.jpg

最後の折り返し直前に橋があるのですが、突風で飛ばされそう。

ジャケットが風に煽られてバタバタ。

バイザーは油断すると飛んで行ってしまいます。

罰ゲームみたいで、逆に笑えてきました。


c0337813_17021882.jpg


やっと折り返しが見えた!



c0337813_17021544.jpg


折り返すと後はゴールまで頑張るのみ。

追い風になるのと、あと10kmでゴールだと思うと、何とか頑張れます。


c0337813_17021305.jpg


今年も何とか辿り着いたゴールゲート。

最後の方は、12時間は切れるようにしようと思いながら頑張ってきましたので、

完走狙いでしっかり完走出来た自分を褒めたい。

ずるずるとタイムを落としていくのではなく、例年通り、最後にタイムを盛り返していました。

c0337813_17021064.jpg



c0337813_17020426.jpg


あの体調でしたら、完走できただけで御の字。

よく頑張りました。


c0337813_17020109.jpg



c0337813_17015869.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はレース当日、ワールドカップサッカー日本代表の第2戦、セネガル戦でした。

5000円のホテルでサッカーが見られるのか、非常に不安でしたが、地上波だったせいで無事観ることができました。

網走のホテルで一人絶叫~。



翌日は、例年通り、レンタカーで思いつくままにドライブ。

今年はこれまで行ったことが無かった能取岬に行ってみました。

ここはいいですね。

のんびりしていて、人も少なくて。


c0337813_17015680.jpg



c0337813_17015172.jpg



c0337813_17015337.jpg

網走に戻って、一人寿司を楽しみ、

毎年行っている流氷館からの眺望を堪能。


c0337813_17014784.jpg



c0337813_17014498.jpg


飛行機までまだ時間があったので、何となく敬遠していた網走監獄に行ってみました。

そもそも知識をきちんと持っていなかったので、行って正解でした。

当初は、道路開拓のための施設だったのですね。




c0337813_17014246.jpg


自分としては、この釧路地裁網走支部が一番興味を引きました。


c0337813_17014096.jpg


少し前まで実際に使われていた法廷などが展示されており、おー!という感じ。




c0337813_17013789.jpg



c0337813_17013524.jpg

監獄も様々な工夫がされていて、勉強になりました。

本物の刑務所にも何度か見学に行ったことがある私ですが、なかなかの知的刺激になりました。


c0337813_17013324.jpg



c0337813_17013054.jpg



c0337813_17012887.jpg



c0337813_17012675.jpg



c0337813_17012314.jpg



c0337813_17012085.jpg


今年は、走りながら、来年はもういいかな~、卒業かな~と思ったりしていました。

またエントリー時期が来たら悩むのでしょうか。



by suyama4168 | 2018-07-03 18:42 | マラソン大会 | Comments(0)